骨董品が生まれた日

骨董品の鑑定をする資格があり、ある程度の信頼基準になる

TV等でもお馴染みですが、骨董品の正確な価値を見極める鑑定士と呼ばれる方々がいます。実は、これら鑑定士の方々は、自分が名乗ればなれるような存在ではなく、れっきとした資格を有した方々なのです。その資格の名は、美術鑑定士と言います。この資格は単純に専門学校や特殊な講義を受ければ得られるものではなく、美術館や画廊等で、自らの真贋と知識を養う事が必要なのです。つまり、美術鑑定士の資格を持っている方は、机上の知識ではなく、本当の意味で長きにわたり骨董品に触れてきたのです。 ですから、自らの骨董品コレクションの鑑定や売買を検討しているなら、これらの資格を持つ方々が運営しているお店を選ぶと、信頼性があります。勿論、彼らも万能の存在ではないので、得意不得意のジャンル(オールジャンルの人もいます)があるので、その点は注意が必要かもしれません。掛け軸なら資格を持つ人がいる日本画専門店を、西洋アンティーク、その他なら、同じように理由で資格持ちの同ジャンル専門店を活用すれば、骨董品の正確な価値を見出してくれる可能性が高いと言えます。