骨董品が生まれた日

コーディネートの相談ができる店こそ強い味方

布もまた骨董の世界では昔から扱われてきたものの一つです。昔から着物文化と布を大切にしていた日本には今も素晴らしく魅力的な古裂や昔きものなどの骨董が残されています。昔きものは初心者が見ただけでは時代や格、値段もなかなか検討がつかないものです。そのため、買い物上手になるには、できるだけ多くの骨董店や骨董市をまわり、品数が多くてコーディネートの相談ができるようなお店を見つけることが秘訣になります。着物を選ぶときにも、着丈について相談してみたり、着物と帯を最初に買って、次の機会にはその着物を着ていくか、着物を実際に持ちこんでお店を訪れ相談しながら、コーディネートできる帯をもう一本購入したり、羽織も小物も揃えて一点ずつ増やしていけば、金銭的にも負担になりませんし、失敗もなくてすみます。着物は5000円から1万円程度、帯も普段用のものは5000円程度で手に入れることが可能ですが、着物同様に丈が短いものもあるので注意が必要です。